読んだら体が良くなる!かもしれない本② 「スタンフォード式 疲れない体」

小田原の指圧・整体・マッサージ

リテア治療院です

 

読んだら体が良くなる!

かもしれない本の紹介です

 

「スタンフォード式 疲れない体」

著 山田知生

 

とりあえず

第1章だけ読んでもらえればOKです

 

この章に書かれている

IAP(Intra Abdominal Pressure)

=腹腔内圧

これは絶対に知っていた方がいい

IAPのトレーニングはたくさんありますが

とりあえず

この本の第1章に書かれている

IAP呼吸法

絶対にやった方がいいです

 

IAPについては

以前のブログを見て下さい

 ↓ クリック ↓

 

IAPのトレーニングでの効果

本書では以下のように書かれています

①背骨と体幹の安定性が上がる

=無理なく正しい姿勢がとれる

 

②姿勢が安定することで神経の状態が良くなる

=体の動きがスムーズになる

 

③神経と体の連携が良くなる

=体がベストポジションになる

 

④体が無理や無駄な動きがなくなる

=疲れや怪我 痛みを防げる

 

IAPを高めるということは

アスリートだけではなく一般の方

中年から高齢者まで絶対に必要です

逆に

IAPが低いもしくは抜けたままで体を使い続けることは

無理をした状態

スムーズではない状態

体の連携が取れていない状態で

動いていることになります

それでも体は動かせますが

筋肉 関節 神経に

めちゃめちゃ負担をかけることになります

つまり

体の痛みや故障しやすくなります

 

腰痛 ヘルニア 腰椎狭窄症

肩こり 股関節 肩関節 膝関節

その他四肢の症状

etc

 

とにかく

IAP(Intra Abdominal Pressure)

=腹腔内圧

めちゃくちゃ大切です

 

気になる方はぜひ読んでみて下さい

面倒くさいなぁって方

第1章だけでOKです

読んでください

 

あなたの体が良くなる

かもしれません

 

それでも体の不調が続く方

お気軽にご相談ください

お体の不調でお困りの方は

電話

メール

ご予約フォーム等で

お気軽にご相談ください

定休日や営業時間外の

ご連絡や予約はLINEでどうぞ

24時間OKです

まずは登録ください

Prev:読んだら体が良くなる!かもしれない本 「脳を鍛えるには運動しかない!」
4月お休み変更のお知らせ:Next

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。