腰痛はIAPを高めないと治りません!①

小田原の指圧・整体・マッサージ

リテア治療院です

 

立ったり座ったり

歩いたり走ったり

登ったり降りたり

腰を屈んだり起こしたり

手足を曲げたり伸ばしたり

 

人が動作や行動をするとき

もしくは

姿勢を保持するとき

体幹が

安定した状態で行われているか?

不安定な状態で行われているのか?

この差はでかい

 

体幹が不安定な状態で

動作が行われれば

体への負担は増大します

では

体感の安定とは何か?

それは

腹腔内圧が

適切に保たれているか

いないかです

 

腹腔内圧

IAP(Intra -Abdominal Pressure)

 この圧力が

しっかり保たれた状態であれば

体は安定します

 

腹腔とは?

体の中にある空間の1つ

お腹の内臓が入っている場所

腹腔は4つの壁(腹壁)に囲まれています

上 横隔膜

下 骨盤底筋群

前 腹筋群

後 背骨腰の筋肉(多裂筋)

これらの4つの壁に囲まれた空間

上下左右から

ぎゅっと包み込まれると

腹腔内圧は高い状態

腹腔内圧の上昇

 

これは

腹壁の筋肉が力を発揮している状態

呼吸で空気を吸うときに

横隔膜がしっかり下がると

腹腔内圧は

さらに上昇します

 

ボールを使用して腹腔内圧をイメージ

 

 腹腔内圧が低い状態

=体幹が不安定な状態

上から圧がかかった状態

横隔膜がしっかり働いている

腹腔内圧が高い状態

=体幹がしっかり安定した状態

上から押された力に対して

ボールがしっかり抵抗

形が安定してます

胴回りが

前後左右360度方向に膨らみ

腰が安定します

 

IAPはなかなかイメージしづらいです

イメージするとこんな感じです

 

IAPが低い状態で

手足を動かしたり

中腰姿勢になったり

重いものを持てば

筋肉にめちゃくちゃ負担がかかります

繰り返し腰を痛める

慢性的な腰の痛み

そういった方は

IAPが低下している

更には

IAPを意識できないことが

非常に多いです

 

②へつづく

 

腰痛でお困りの方

お気軽にご相談ください

定休日や営業時間外の

ご連絡や予約はLINEでどうぞ

24時間OKです

まずは登録ください

Prev:30代男性 腰痛と足の甲の痛み
腰痛はIAPを高めないと治りません!②:Next