読んだら体が良くなる!かもしれない本 「脳を鍛えるには運動しかない!」

小田原の指圧・整体・マッサージ

リテア治療院です

 

読んだら体が良くなる!

かもしれない本の紹介です

 

「脳を鍛えるには運動しかない!」

著ジョンJレイティ

この方

運動と脳の研究領域での世界トップの人です

 

⚫︎理想は昔と同じ生活(狩猟や農耕)

「有酸素運動+粗食」

要は

動いて質素なものを食べろという事

そうすると

・脳内物質のバランス良くなる(不安解消 生産性UP)

・体のコンディションUP(ストレスへの耐性が上がる)

 

これに対して現代人は

 

⚫︎動かない生活+高カロリー食

これを続けると

・脳内物質のバランス悪く脳が萎縮

(常に不安 マイナス思考 依存 生産性down)

・体が重くなりストレス溜まる

(ストレス耐性down  コリチゾールが出てメタボ)

 

⚫︎脳への運動の効果

・気をそらす(心配事 不安 月経前症候群にも)

・筋肉の緊張をほぐす(=不安も和らぐ)

・脳の資源を作る

(セロトニン ノルアドレナリン GABAなど)

・交感神経が活性化し回路を作り変える

(心配事に対処できる)

・立ち直りが早くなる

(不安やパニックからのセルフコントロール)

要は

運動はあらゆる不全に効果があるよってことです

 

本の中では

ストレス性障害 不安障害 うつ病

注意欠陥障害 各依存症に対して

有酸素運動の継続で

改善された事例が書かれています

 

⚫︎ストレス反応について

・人間が本来持っているもの(本能)

・危険(ストレス)に対して集中と反応をして対処

その経験を記録して次に活かす(経験を積む)

回復可能な適度な運動(ストレス)によって

ストレス反応を起こし心も体も強くなれる

要は

ちょっとだけきつめの運動で

体や脳にストレスを与えてよってことです

 

⚫︎どんな運動すれば良いか?

・ズバリ有酸素運動!

 

なんですが

本書では心拍数は〜 週に何回で何分で〜

細々と書かれていましたが

ウォーキング ランニング 縄跳び

ステッパー 筋トレなんでも良いです

ただ

ちょっと「はぁはぁ」息が上がるくらい

やったほうがいいです

それが適度なストレスになります

 

まとめ

「はぁはぁ」するくらいの運動で

程よいストレスを与えて脳機能を高めよう

 

こんな事が体(脳)が良くなるかも

学習能力 記憶力 感情のコントロール

高度な思考 うつ症状 不安障害 依存症

etc

 

ざっくりと箇条書きでまとめてみました

気になる方は読んでみて下さい

 

お体の不調でお困りの方

お気軽にご相談ください

定休日や営業時間外の

ご連絡や予約はLINEでどうぞ

24時間OKです

まずは登録ください

Prev:3月お休み変更のお知らせ
読んだら体が良くなる!かもしれない本② 「スタンフォード式 疲れない体」:Next

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。