40代男性 右膝痛 約10年前に前十字靭帯断裂

小田原の指圧・整体・マッサージ

リテア治療院です

 

【症例報告】

40代男性

約10年前に前十字靭帯断裂

膝蓋腱の再建手術

バトミントンやランニング

できるようにはなったけど

繰り返す右膝の痛み

最近は腸脛靭帯にも痛み

まず動きや痛みの確認

 

膝関節の周囲

 押しての痛み(圧痛有り)

膝の曲げ伸ばし

 曲がりきらないし伸びきらない

右脚に体重を乗せ切れない

 

体の状態確認

 

ベッド上で

膝関節の動きや捻れのチェック

膝まわりの筋肉が固まっています

関節自体は捻れていません

動きも良い

 しかし

股関節 足関節が良くない

 とくに

足首を含めた膝から下

下腿の動きが

とっても悪い

 

背中や首の症状もあったので

全身治療

膝の痛みには

膝まわりの筋肉の硬さを取りながら

下腿と股関節を中心に治療

すねの外側辺りは(画像)

筋肉や骨の動きを出すのに

ちょっとだけキツめの指圧を

ガマンして頂きました

 

先日4回目の治療後

10〜20Km弱のランニング

バッチリ走れたそうです

 

バトミントンは

コロナの影響で試合は中止

プレイしての状態は

まだ確認できてはいませんが

順調のようです

 

以前も書きましたが

脚は大きく3つの関節

足 膝 股関節で構成されています

 膝の痛みの場合

足や股関節に原因があることが多いです

コロナ対策をしながら

元気に営業しております

 

脚の症状がある方は

重心や体の軸のズレが

大きいようです

こちらどうぞ

 

 

 

 

 

 

 

Prev:正しく立つ意味とは?重心(軸)はどこ?正しく立つことが治療になる②
体の連動って何?わかりやすーく説明 :Next

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です