正しく立つ意味とは?重心(軸)はどこ?正しく立つことが治療になる②

小田原の指圧・整体・マッサージ

リテア治療院です

この備忘録のカテゴリーでは

日々の学びや気づきをずらずらと

書いています

治療院については

こちらへどうぞ

****************

 

立位での重心(軸)は

股関節から脛骨(内くるぶし)を結んだライン

正しく重心がかかると

股関節が使えるため

 インナーマッスルがしっかりと働く

大腰筋 内転筋群 半腱様筋 半膜様筋

 

多くの人が股関節ではなく

やや外側に重心をかける

 大転子に重心ラインが来ている

(画像の青ライン)

 

 股関節から大転子

約10〜15㎝

この数センチのズレが大きな影響を与える

股関節や膝の疾患

 膝関節の変形

O脚 捻挫の癖など

多くの場合で見られる

 

画像の青ライン

 大転子から腓骨(外くるぶし)

重心ラインになると

外側荷重

アウターマッスル優位になる

中殿筋 腸脛靭帯

大腿四頭筋 腓骨筋の過緊張

 特に中殿筋の過緊張が進むと

股関節の位置を正しく認識できなくなる

 

 下腿

脛骨(内くるぶし)=支える骨

 脛骨の下には距骨があり支持している

 一方

腓骨(外くるぶし)=

①ショック吸収

②足関節の回旋運動(3軸方向)を促す

 腓骨下には支持する骨がなく

荷重がかかると①や②の働きが低下

腓骨筋などが過緊張を起こす

 

足を正面に向け

肩幅よりやや広めのスタンスで立つ

四指を尖らせ股関節

鼠径ラインの中央を押さえる

股関節を認識させるために

手指からの情報伝達を使う

 

 足底は三点支持が基本

それに加えて

内くるぶし直下を意識させる

この状態で

左右に少しづつ重心を移動させる

立位の状態で重心のズレが

大きければ大きいほど

静止時での筋活動が増える

そこからさらに

動作や運動が加われば

負荷は増大

 立位を保つために

必要最低限の筋力で立つ

 俗に言う

脱力した状態

で立てるのがベスト

 

 

Prev:正しく立つ意味とは?重心(軸)はどこ?正しく立つことが治療になる①
40代男性 右膝痛 約10年前に前十字靭帯断裂:Next

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です