バレー部トレーニング指導②

小田原の指圧・整体・マッサージ

リテア治療院です

 

午前中の仕事を終え

午後からは

トレーニング指導

35℃を超える猛暑の中

行ってきました

 

この暑さの中でも

汗だくになって

みんな元気に

練習に取り組んでいます

今日の指導内容は

「体のバネを使ったジャンプ」

体のバネを上手に使い

瞬発的に

爆発的な力を

発揮して

ジャンプ動作につなげる

 

それでは

体のバネって

どこにあるのか?

ジャンプするんだから

脚でしょ

と思うかもしれません

しかし

膝(太ももの筋肉)や

足首(ふくらはぎの筋肉)には

バネはありません

お腹の奥

(大腰筋などのインナーマッスル)

にあります

お腹のインナーマッスル=エンジン

脚の筋肉=アクセル

 

エンジンがスイッチON

してないのに

アクセル全開にしても

動かないし

アクセルのみ全開を続けると

ぶっ壊れます(ケガや故障)

 

エンジンかけてから

アクセルを踏む

要は

使い方

優位性ってことです

 

決して

脚の筋力が必要ない

というわけじゃありません

そんな感じで

体が使えれば

こんなジャンプができます

助走なし

腕の反動なしで

とんでもなく

高く跳んでいます

 

体を上手く使えれば

パフォーマンスUPに

つながります

また

下手くそに使えば

ケガや故障に

つながりやすくなります

オスグット

腸脛靭帯炎

シンスプリント

肉離れ

足底筋膜炎

etc.

 

このような

体の使い方は

運動やスポーツを

やっている人に限らず

一般の方にも

言えることです

 

体をバネのように使う方法

膝や足首の痛みなどで

お困りの方

お気軽にご相談ください

Prev:10代高校生 男性 右肩の痛み 脱臼ぐせ
60代 女性 頚椎ヘルニア手術後のケア:Next

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です