60代女性 3箇所の圧迫骨折 その後遺症で肋骨に痛み②

小田原の指圧・整体・マッサージ

リテア治療院です

 

【症例報告】

 

60代 女性

3〜5年前に背骨を3箇所 圧迫骨折

原因は母の介護

体をかなり酷使したらしいコルセットと杖を使っての生活

最近は痛みが治まり

コルセットを外しすたすた歩けていた

ところが

数ヶ月前から脇腹や肋骨に沿って痛みが出てきた

徐々に痛みが強くなり

咳やくしゃみでも響くように

他医療機関を受診

レントゲンでは圧迫骨折の部分は問題ないと言われ

電気治療など続けていたが痛み変わらず

コルセットをして杖ついて

背中を丸めた状態で来院

 

前回の続き

 

あれから週に2回のペースで施術を継続

かなり痛みが減弱

背中を伸ばしたり

立ったり座ったり

歩くスピードも速くなりました

よかったです

しかし

まだコルセットを外せてはいません

 

本日も

体に負担がかからないように

座った状態での施術になります

骨盤や背骨 深部の筋肉を

刺激出来る状態ではありません

歪みやバランスを整えていく施術

というよりは

痛みを抑えるように

鍼などを使用しての施術

 

背骨や肋骨に沿って鍼で少しずつ刺激

さらに

お灸を使って

皮膚や表面の筋肉も刺激

徒手ではかなり優しくソフトに刺激

痛みもかなり少なくなり

動作一つ一つがスムーズに

動けるようになりました

先日

車でお出かけしてきたそうです

「また痛めてしまうんじゃないか」

という怖さがあり

コルセットをして生活されています

徐々に外していきたいですね

引き続き

お体診させてもらいます

 

関連記事

「慢性化した腰痛でコルセット依存はやばいです!」

こちらもどうぞ

 

圧迫骨折 その他骨折やケガ

後遺症での不調でお困りの方

電話

LINE

メール

ご予約フォーム等で

お気軽にご相談ください

Prev:バレー部トレーニング指導15
1月お休み変更のお知らせ:Next

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。