慢性化した腰痛でコルセット依存はやばいです!

j小田原の指圧・整体・マッサージ

リテア治療院です

 

依存症にはいろいろあります

タバコ アルコール ギャンブル

最近ではインターネットやSNS

「特定の何かに心を奪われ

やめたくてもやめれない状態」

これが依存の定義

当院にも依存症の方 多いです

それが

コルセット依存症

 

ヘルニアなど腰の手術のあと

ギックリ腰を繰り返したあと

痛めた部位は治っているのに

コルセットで締め続ける

長期間の使用

必要以上の固定

体には毒です

 

なぜ悪いのか?

 

 下の絵を見て下さい

コルセットで固め続けると

関節の動きが悪くなる

筋肉の動きが少なく硬くなる

 正しくスムーズな動きができない

=体のロボット化

=体に負担がかかり続ける

 

慢性化した腰痛に対して

コルセットをしてることで

改善できない

 

 つまり

コルセットが原因の1つ

 

事例①

60代男性

10年前にヘルニアの手術

その後日常的にコルセットを使用

ヘルニアの再発は見られないが

腰痛が続く

10年かけてロボット化した体

変えるのは大変

繰り返し筋肉関節の動きがでるように治療

コルセット依存症から脱し

水泳を再開

 

事例②

50代女性

3年前に初めてギックリ腰

その後

腰の違和感と鈍痛が続く

動けないわけじゃないが

「またギクッとくるんじゃないか」

恐怖心からコルセットへ依存

体のロボット化がすごい

腰椎自体は問題なし

骨盤と股関節の動きがひじょーに悪い

 特に股関節

そのあたりを中心に治療

起床時に怖さがある

それ以外は外して家事をこなす

コルセット依存症から半脱し?

治療継続中

 

安静が必要な時

ヘルニアの手術

背骨の手術(金具による固定術)

急性の腰痛で体を支えられない

 

補助のための一時使い

重たい荷物を持つ

腰に負担がかかる作業が続く

このような場合以外に

コルセットを使用するのはやめてください

 

コルセットへの依存ヤバイです!

 

コルセットが外せない

コルセットがないと怖いなど

ありましたら

一度ご相談ください

 

 

Prev:圧迫骨折の後に続く慢性的な腰痛
体をバネのように使う方法:Next

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です