もも上げ3分チェック!アウターインナーどっちが優位か?

小田原の指圧・整体・マッサージ

リテア治療院です

 

この備忘録のカテゴリーでは

日々の学びや気づきをずらずらと

書いています

治療院については

こちらへどうぞ

****************

 

その場でもも上げ3分間

これで

アウターマッスル

 インナーマッスルの

優位性をチェックできます

 単純な動作の繰り返しですが

体の使い方や癖などの

多くの情報が得られます

 

 もも上げとは

股関節の屈曲

 一方の脚は片足支持

 

この動作で

どこを優位に使っているか

この違いで

日常動作であれば

階段昇降や坂道での歩行など

 スポーツでは

股関節が関係する動きでの

スピード

パワー

スムーズさ

多くの動きに影響する

 

股関節屈曲側の脚

アウター優位

  • 太もも前面(大腿直筋)を使って脚を上げる
  • 弧を描くように脚が上がるのでキレがない
  • 体幹の安定で背筋を使う

インナー優位

  • 股関節を使って脚を上げる(大腰筋)
  • 股関節から大腰筋のライン直線的に脚が上がる キレ スピード スムーズ
  • 体幹の安定で腹筋群 みぞおちを使う

支持脚

アウター優位

  • 支えるのに外側を使う 中殿筋
  • 大腿お尻が外に流れる
  • 重心線が体の外側 

 

インナー優位

  • 重心線が体の内側 股関節と内くるぶしのライン
  • 内転筋群が使えている

 

大腰筋 腰椎から股関節に付着

体幹と下肢をつなぐ唯一の筋肉

もも上げで使えていれば

下腹部から鼠径部辺りに効いてきます

大内転筋 小内転筋 長内転筋 短内転筋

アウターとインナーを

分けて書きましたが

これを

白黒はっきりとさせるのは

難しい

どちらに優位性があるのかです

Prev:コリってなーに?筋肉が骨に!
60代女性 右腰痛と右脚あぐらをかけない :Next

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です