急性の足首の捻挫、当院に来る前に

小田原の指圧・整体・マッサージ

リテア治療院です

 

急性の捻挫の場合

炎症反応を起こしている場合が多いです

 

“炎症の5兆候 ”

熱を持つ

 腫れあがる

赤くなる

 痛みを感じる

動かしづらい

痛めた部位にこれらの反応がでます

こうした場合アイシングが基本処置です

 

 スポーツをしたことがない方には

馴染みがないかもしれませんが

これを“R I C E(ライス)処置”といいます

 

“安静 冷却 圧迫 挙上”

患部を速やかに氷水で冷却してください

 今はスーパーやコンビニでも氷はあります

どうしてもない場合は

水道水で冷やし続けてください

 

「全治〇〇週間です」と診断され

電気治療

湿布

ガチガチに固定

ただ〇〇週間じっと待っている?

 

当院では

そうではなく

 捻挫で曲がった足の関節や

その周辺の筋肉に

積極的に手を加え治療していきます

そうすることで

1日でも1時間でも1分1秒でも

早く治るようにする

そんな治療をします

 

応急処置の方法

さっき捻挫してしまった

数日数ヶ月前に捻挫したなど

お困りの際はぜひご相談ください

Prev:椎間板ヘルニアは腰痛の原因になるのか?
凡人が天才に勝つには①:Next

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です