10代 小学生 サッカーで足関節に痛み

小田原の指圧・整体・マッサージ

リテア治療院です

 

【症例報告】

10代 小学生 男性

小学生になる前から

ずっとサッカーを続けている

 

半年前

膝蓋骨(膝のお皿)を亀裂骨折(ひび)

完治後にサッカーを再開

その後

徐々に左足関節のまわりに痛み

ぶつけた 捻挫したなど

はっきりした原因はなし

痛みがどんどん強まり

先日の試合中では痛みで走れない

試合後は歩くのも辛い

 

状態の確認

腫れたり熱感なし

痛みの患部の圧痛(押しての痛み)なし

足首の曲げ伸ばし 内側に曲げると

響くような痛み

 

立った状態で確認

左足に体重をかけるのは大丈夫

歩行は足の接地

足趾で地面をける動作で痛み

腫れ 熱感なし

足関節の動きが悪い

 

状態の確認したら施術開始

足関節の動きが良くなるように

ふくらはぎやすねの筋肉の

硬さを取っていきます

 

足関節の捻れを治すのに

ちょっとだけ骨を動かします

少しポキっとなりますが優しく痛くないように

(無理にボキボキはしませんので)

 

以前ケガした膝蓋骨(お皿)も

左足に負担をかけていたようです

膝関節の動きも良くします

最後に

筋肉の動きを良くするためにキネシオテープ

自宅でのセルフケアを2つ指導

 

以下の写真は

3回目に来院した時の画像

左足関節の動き改善

左右差が大分少なくなりました

しゃがみ込みも改善

 

少し踵が浮くけどね

以前は後ろに転がってたそうです

 

3回目の来院当日は試合がありました

前日までのトレーニングでは

そんなに痛みがなかったようです

今日のゲーム中は少し痛み

(以前ほどではないけど)

引き続き診させてもらいます

 

サッカーでのケガ

その他のスポーツ

趣味の運動での痛みで

お困りの方

お気軽にご相談くだい

ご連絡や予約はLINEでどうぞ

24時間OKです

まずは登録ください

もちろん電話でもOKです

Prev:バレー部トレーニング指導16
5月お休み変更のお知らせ:Next

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。