腰痛はIAPを高めないと治りません!②

小田原の指圧・整体・マッサージ

リテア治療院です

 

①のつづき

腹腔内圧は

姿勢の維持にとても大切

 

姿勢が維持された状態

=体幹の安定

=IAPが適切に保たれている

 

まず

体の後面

背骨(柱)で支えられてます

体の前面

骨などの支えなし

前面での支えとして

重要な役割を果たすのが・・

そうです

腹腔内圧(IAP)になります

 

 

横隔膜と

骨盤底筋群

(骨盤の底に付いている筋肉)が

ぎゅっとサンドされた状態が

IAPが高い状態

 

腹筋は

筋肉を収縮させて

お腹を凹ませても

筋肉を伸張させて

膨らましても

筋肉はぎゅっと固まります

ところが

凹ませて筋肉を固めた場合

IAPが低い状態

体幹は安定感が減り

背骨 腰回りの筋肉に

めちゃくちゃ

負担が増えます

不安定な状態で体を使うので

当然です

腰痛持ちの方

ほとんどが

このような体の使い方をしてます

 

逆に腹筋を膨らまして固めた場合

IAPが高い状態

体幹は安定

腰椎や腰の筋肉への負荷が減ります

それだけじゃなく

手足も無理なく

動かせるようになります

 

なぜ

骨も筋肉もホニャホニャの赤ちゃんが

立てるのか?

もしくは

背骨が出来上がっていないのに

ずっとしゃがんでいても

腰を痛めないのか?

 

それは

IAPを高めているからです

 

写真を見て下さい

ぽっこり

お腹を膨らましているのが

わかると思います

だから立てちゃうんです

 

 

これもそう

IAPが高い状態なので

しゃがんだ状態で

ずっと遊んでいても

腰痛なんておこしません

 

こんな

背筋のトレーニングのような動き

ずっとやってても大丈夫

 

試しに

腹凹ました状態

膨らました状態で

同じ動きやってみて下さい

腰への負荷が全く違います

そもそも

腰が悪い人は

お腹を膨らまして固める

IAPを高めることすらできません

 

少しは

IAP=腹腔内圧の

重要性は伝わったでしょうか?

運動のパフォーマンスが上がらない

すぐに腰を痛める

姿勢が崩れてきた

etc

それIAPの低下かもしれません

 

お体の不調でお困りの方

お気軽にご相談ください

定休日や営業時間外の

ご連絡や予約はLINEでどうぞ

24時間OKです

まずは登録ください

 

Prev:腰痛はIAPを高めないと治りません!①
バレー部トレーニング指導11:Next