腰痛はIAPを高めないと治りません!③

小田原の指圧・整体・マッサージ

リテア治療院です

 

②のつづき

 

腹腔内圧(IAP)が

しっかりと保たれている状態

=体幹の安定

体幹が安定された状態で体を使えれば

骨や筋肉への負担は少ない

 

逆に

腹腔内圧(IAP)が保たれていない

=体幹が不安定

この状態でも色々と動いたり

運動したりはできます

その代わり骨や筋肉など体への負担が多くなります

ではIAPを高めるにはどうすればよいのか?

すごーく簡単に言うと

”呼吸で横隔膜を上手に使ってお腹を膨らます”

これをすればいいんです

 

『スタンフォード式 疲れない体』

(山田知生著、サンマーク出版)引用

 

息を吸う際

①胸や肩が上がらない

②お腹が360度膨らむ

(=腹筋を収縮して固めない)

 

息を吐く際

③お腹をパンパンに膨らました状態をキープする

『スタンフォード式 疲れない体』

(山田知生著、サンマーク出版)引用

 

正しい呼吸で横隔膜をしっかり下げ

腹腔をプレスすることで

腹腔の内側から外側へ圧力が生じます

これが腹腔内圧(IAP)です

 

普段から

胸だけの浅くて速い呼吸をしていると

呼吸筋である横隔膜は

上下に動きません

(腹腔内圧が低い状態)

呼吸の補助筋である

肩や首の筋肉が使われます

ダッシュした後で

はぁーはぁーしている状態

(肩で呼吸している状態)

 

“腹腔内圧を高めて

お腹を膨らましたまま呼吸をする”

感覚をつかむまで

繰り返しトライして下さい

 

運動のパフォーマンスが上がらない

すぐに腰を痛める

姿勢が崩れてきた

etc

それIAPの低下かもしれません

 

 

お体の不調でお困りの方

お気軽にご相談ください

定休日や営業時間外の

ご連絡や予約はLINEでどうぞ

24時間OKです

まずは登録ください

Prev:7月お休み変更のお知らせ
40代男性 テニスで左膝に痛み:Next

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です