30代 男性 右肘痛 仕事中に捻って痛めた

小田原の指圧・整体・マッサージ

リテア治療院です

【症例報告】

30代 男性

1ヶ月前から右肘の関節部分に痛みが続いていて

握るのも力が入りづらい

さらに昨日の仕事中

肘を捻った状態で

落ちそうになった荷物を支えた

その時に肘に激痛が走る

前日に予約の電話をもらった時に

アイシングをするように指示

状態の確認

腫れたり熱を持ったりは無し

ゆっくり肘を曲げ伸ばしは痛み無し

手をぎゅっと握ると肘に響く

特に

薬指 小指を握り込むと痛みが強い

腕の筋肉を動かしたり

肘関節をいろいろ動かしたり

圧痛(押しての痛み)を

確認してきます

肘の靭帯(骨と骨を繋ぐ組織)を

痛めたようです

内出血はないので靭帯が少し伸びた状態

簡単に言うと

関節技をかけられたようなもの

関節に負担がかかった場合

まずは

筋肉で体を守ります

それで守りきれなければ

骨と骨を繋いでいる靭帯で守ります

それでもダメな場合脱臼か骨折です

骨が壊れます

 

確認が終わり施術開始

指や肘を曲げ伸ばしをする筋肉の硬さ

握ったり肘を動かしたりするときに

連動して動く背中の筋肉や

肩甲骨の動きをつける

ただ

痛めた靭帯は回復するのに

少し時間がかかります

筋肉や靭帯の機能を正しくもどすために

キネシオテープを貼って終了

 

キネシオテープとは?

キネシオテーピング協会H Pより引用

 

施術後

握っての痛みや肘の曲げ伸ばし

痛み減弱

明日もなんとか仕事できそうです

 

仕事 スポーツ部 活動でのケガ

その他お体の不調がありましたら

電話

LINE

メール

ご予約フォーム等で

お気軽にご相談ください

 

Prev:1月お休み変更のお知らせ
2月お休み変更のお知らせ:Next

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。